ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

早稲田大学発!革新的学習システム 【超速中国語】 まずは → 無料体験すぐ出来ます:

トップ  >  中国人物  >  楊貴妃(古代中国四大美人の一人,唐代の皇妃)
楊貴妃 楊玉環 四大美人 安史の乱 唐玄宗 楊国忠 高力士 白居易 長恨歌
楊貴妃(ようきひ、719年(開元7 年) - 756 年7月15日(至徳元載(元年)6月16日))は中国唐代の皇妃。姓は楊、名は玉環。貴妃は皇妃としての順位を表す称号。玄宗皇帝の寵姫。玄宗皇帝が寵愛しすぎたために安史の乱を引き起こしたと言われたため、傾国の美女と呼ばれる。古代中国四大美人(楊貴妃・西施・王昭君・貂蝉)の一人とされる。現代でも世界三大美女の一人とされている。(クレオパトラと楊貴妃に、ヘレネ(日本では小野小町)が加わる)。実際は太っていたという説もある。
楊貴妃図(楊玉環)
楊貴妃図(楊玉環)


[出生]
蜀出身。本籍は蒲州・永楽にあったという。蜀州司戸の楊玄淡の四女。兄に楊銛、姉に後の韓国夫人、虢国夫人、秦国夫人がいる。幼いころに両親を失い、叔父の楊玄璬の家で育てられた。
生まれながら玉環を持っていたのでその名がつけられたというものや、涙や汗が紅かったという伝説がある。また、広西省の庶民の出身であり、生まれた時に室内に芳香が充満しあまりに美しかったので楊玄淡に売られたという俗説もある。

[寿王妃から女道士へ]
735年(開元23年)、玄宗と武恵妃の間の息子(寿王李瑁、第十八子)の妃となる。李瑁は武恵妃と宰相・李林甫の後押しにより皇太子に推されるが、737年(開元25年)、武恵妃が死去し、翌年、宦官・高力士の薦めで李璵が皇太子に冊立された。
その後、玄宗に見初められ、740年(開元28年)、長安の東にある温泉宮にて、一時的に女冠(女道士)となった(このときの道号を太真という)。これは息子から妻を奪う形になるのを避けるためであり、実質は内縁関係にあったと言われる。その後、宮中の太真宮に移り住み、玄宗の後宮に入って皇后と同じ扱いをうけた。
楊玉環は容貌が美しく、唐代で理想とされた豊満な姿態を持ち、音楽・楽曲、歌舞に優れて利発であったため、玄宗の意にかない、後宮の人間からは「娘子」と呼ばれた。

[楊貴妃となる]
745年(天宝4載)、貴妃に冊立され、兄・楊銛は殿中少監、従兄の楊錡は駙馬都尉に任じられる。馬に乗る時は高力士が手綱をとって歩き、彼女の院に絹織りの工人が七百名もいた。また、争って様々な献上物を贈られた。そのため、「男を生むとも喜ぶなかれ。女を生むとも悲しむなかれ」という歌が民間で流行ったといわれる。
楊玉環画像(徳珍の《汉装潋滟》より)
楊玉環画像(徳珍の《汉装潋滟》より)

746年(天宝5載)には、嫉妬(「梅妃伝」では、玄宗と梅妃との関係によるとされる)により玄宗の意に逆らい、楊銛の屋敷に送り届けられた。しかし、玄宗はすぐに機嫌が悪くなり、側近をむちで叩き始めるほどであったため、高力士のとりなしで後宮に戻ってきた話が残っている。それから、玄宗の寵愛を独占するようになった。その後、范楊・平盧節度使安禄山の請願により、安禄山を養子にして玄宗より先に拝礼を受けた逸話や、安禄山と彼女の一族が義兄弟姉妹になった話が残っている。また、天宝7載(748年)には、三人の姉も国夫人を授けられ、楊銛は上柱国に、またいとこの楊国忠も御史中丞に昇進し、外戚としての地位を固めてきている。
750年(天宝9載)に、また玄宗の機嫌を損ね、宮中を出される。(一説には、楊貴妃が寧王の笛を使って吹いたからといわれる)。しかし、吉温が楊国忠と相談の上で取りなしの上奏を行い、楊貴妃も髪の毛を切って玄宗に贈ったため、玄宗は高力士に楊貴妃を呼び返させた。その後、さらに愛情は深まったという。751 年(天宝10載)、安禄山が入朝した時、安禄山を大きなおしめで包んだ上で女官に輿に担がせて、「安禄山と湯船で洗う」と述べて玄宗を喜ばせた。しかし、その後も、安禄山と食事をともにして夜通し宮中に入れたため、醜聞が流れたという。
752年(天宝11載)、李林甫の死後、楊国忠は唐の大権を握った。この頃、楊銛と秦国夫人は死去するが、韓国夫人・虢国夫人を含めた楊一族の横暴は激しくなっていった。また、楊国忠は専横を行った上で外征に失敗して大勢の死者を出し、安禄山との対立を深めたため、楊一族は多くの恨みを買うこととなった。

[安史の乱と最期]
755年(天宝14載)、楊国忠と激しく対立した安禄山が反乱を起こし、洛陽が陥落した(安史の乱)。この時、玄宗は親征を決意し、太子・李亨に国を任せることを画策したが、楊国忠・韓国夫人・虢国夫人の説得を受けた楊貴妃は玄宗を思いとどまらせたという。その後、唐側の副元帥である高仙芝は処刑され、哥舒翰が代わりに副元帥となり、潼関を守った。
756年(至徳元載)には哥舒翰は安禄山側に大敗し捕らえられ、潼関も陥落した。玄宗は首都・長安を抜け出し、蜀地方への出奔することに決め、楊貴妃、楊国忠、高力士、李亨らが同行することになった。
楊貴妃書像
楊貴妃書像

しかし、馬嵬(陝西省興平市)に至ると、乱の原因となった楊国忠を強く憎んでいた、陳玄礼と兵士達は楊国忠と韓国夫人たちを殺害した。さらに陳玄礼らは玄宗に対して、「賊の本」として楊貴妃を殺害することを要求した。玄宗は、「楊貴妃は深宮にいて、楊国忠の謀反とは関係がない」と言ってかばったが、高力士の進言によりやむなく、楊貴妃に自殺を命ずることを決意した。高力士によって、楊貴妃は縊死(首吊り)させられたという。
玄宗は後に彼女の霊を祀り、長安に帰った後、改葬を命じたが、礼部侍郎・李揆からの反対意見により中止となった。しかし、玄宗は密かに宦官に命じて改葬させ、彼女の絵を朝夕眺めていたという。

[長恨歌と長恨歌伝]
楊貴妃死後50年経った、806年(元和元年)頃に、玄宗と楊貴妃の物語を題材にして白居易が長編の漢詩である『長恨歌』を、陳鴻が小説の『長恨歌伝』を制作している。
きっかけは、王質夫をいれた三人で仙遊寺に見学に赴き、その時、楊貴妃が話題にのぼり、感動した王質夫が白居易に後世に残すために読みあげることをすすめたためであるという。また、白居易も陳鴻に物語として伝えるようにすすめたと伝わっている。
内容は、以下のようである。
楊貴妃の栄華と最期について語った上で、楊貴妃の死後のこととして、玄宗が道士に楊貴妃の魂を求めさせる。道士は魂となり、方々を探し、海上の山に太真という仙女がいるのをつきとめ会いに行く。それこそが楊貴妃であり、道士に小箱とかんざしを二つに分けて片方を託し、伝言を伝えた。玄宗と楊貴妃が七月七日、長生殿で、「二人で比翼の鳥、連理の枝になりたい」と誓ったことと、この恨み(思い)は永遠に尽きないだろうということであった(比翼連理の故事)。
平等な一対としての男女の永遠の愛の誓いをうたいあげた『長恨歌』は、広く世間に流布した。このため、楊貴妃の物語は後世にまで広く伝わり、多くの文学作品に影響を与えた。

[死後の評価と後世の楊貴妃像]
「旧唐書」「新唐書」ともに伝に評は無く、玄宗を通した間接的なものしかない。
同時代の李白が楊貴妃を趙飛燕にたとえて「清平調詞」「宮中行楽詞」で歌っているが、どのような寓意が込められているかは、定かではない。当時のはやり歌を見ても特段の悪意は感じられない。
しかし、楊貴妃死後、同じく同時代の杜甫が「哀江頭」では楊貴妃の死をいたみながらも、「北征」では褒姒、妲己にたとえて強く批判している。また、白居易や陳鴻も楊貴妃を国を傾けた「尤物」(美女をあらわすが、男を惑わし道を誤らせる存在という意味合いが強い)と評している。これが、当時の士大夫の一般的評価と思われる。だが、同時に長恨歌による美女伝説も生まれていたようである。
楊貴妃自身の実像がはっきりしないことが潤色が加えられる要因と考えられ、楊貴妃の死後、唐王朝はその勢いを取り戻すことなく、盛唐の時代を象徴する存在である意味合いが強いとされる。
華清池にある楊貴妃像[写真:Alex Kwok]
華清池にある楊貴妃像[写真:Alex Kwok]

その後、宋代に「楊太真外伝」と楊貴妃説話がまとめられ、さまざまな文学によって取り上げられ、清の「長生殿」の成立へとつながり、清代の戯曲を代表する作品となっている。その中では「傾国」の悪女と美女双方の側面を持つ楊貴妃像が描かれている。
現代では、楊貴妃自身政治にあまり介入しておらず、土木工事など大規模な贅沢、他の后妃への迫害などほとんど無く、玄宗や楊国忠ら一族との連帯責任以外は余り問えないと評されていることが多い。

[文学・音楽・戯曲]
* 白居易の『長恨歌』を題材に作られた能「楊貴妃」がある(金春禅竹作)。
* 音楽作品としては、山田検校の「長恨歌」、光崎検校の「秋風の曲」がある。
* また井上靖は楊貴妃の生涯を元に『楊貴妃伝』を執筆した。
o 『楊貴妃伝』はさらに、2004年に宝塚歌劇団星組で舞台化された。
* また、中国で後世、多くの小説、漢詩、雑劇、戯曲の題材として取り上げられた。さらに、日本においても、古典文学で話題に度々あげられ、古川柳などでも題材としていくつも使われている。
* 画題としても数多く、扱われている。
* 明末期の笑話集『笑府』刺俗部に、楊貴妃と張飛の登場する笑話がある。
ある男が、野ざらしになっていた骸骨を見つけ、気の毒に思って供養をしてやる。その晩、男の家の戸を叩く者があり、「誰だ」と聞くと「妃(フェイ)」と答える。さらに尋ねたところ「私は楊貴妃です。馬嵬で殺されてから葬られることもなく野ざらしになっていたのを、あなたが供養して下さいました。お礼に夜伽をさせて下さい」と答え、その晩、男と夜を共にした。これを聞いてうらやんだ隣の男、野原を探し回ってやはり野ざらしになった骸骨を見つけ、供養したところ、その晩やはり戸を叩く者があり、「誰だ」と聞くと「飛(フェイ)」と答える。「楊貴妃かい」と訊くと「俺は張飛だ」という答え。仰天して「張将軍には何ゆえのお来しで」と訪ねると、張飛曰く「拙者、漢中で殺されてから葬られることもなく野ざらしになっておったのを、貴殿に供養していただいた。お礼に夜伽をさせていただきたい」。
o これがさらに日本で翻案されたのが、落語『野ざらし』。

[その他]
* 日本の山口県には、楊貴妃が阿倍仲麻呂と共に安史の乱を逃れて日本に亡命してきたとの伝説が存在し、長門市油谷町には楊貴妃の墓がある。
* 日本には、楊貴妃は、熱田神宮の明神の化身であるという伝説もある。(長恨歌に詠われた天に還った楊貴妃がいた蓬莱が日本であるという伝承があった)
* 茘枝を好んだという前出のエピソードから、デ・カイパー社(オランダ)のライチリキュールには「貴妃」という名前が付けられている。
* また、カクテル「楊貴妃」はライチリキュールがベースとなっている。
* メダカに「楊貴妃メダカ」という赤い色の種類がいる。

[伝記研究]
* 村山吉廣『楊貴妃:大唐帝国の栄華と暗転』(中公新書、1997年)ISBN 4121013484
* 藤善真澄『安禄山と楊貴妃:安史の乱始末記』(清水新書、1984年)ISBN 4389440225
* 竹村則行『楊貴妃文学史研究』(研文出版、2003年)ISBN 4876362246
* 「現代視点・中国の群像 楊貴妃・安禄山」(旺文社、1985年)
* 近藤春雄 『長恨歌と楊貴妃』(明治書院、1993年)

馬を乗る楊貴妃図(元钱选)
馬を乗る楊貴妃図(元钱选)

[演劇]
* 洪昇「長生殿―玄宗・楊貴妃の恋愛譚」 (平凡社東洋文庫、2004年) ISBN 9784582807318、京劇
* 「観世流謡曲 楊貴妃」 能の演目
* 「創作舞踊 楊貴妃」 坂東玉三郎主演

[歴史小説]
* 井上靖「楊貴妃伝」(講談社文庫、1972年、新版2004年)ISBN 9784061311152
* 陳舜臣「楊貴妃は覇水を見た」(短編、集英社に作品集)
* 渡辺竜策「楊貴妃後伝」(秀英書房、1980年)  
* 田中芳樹編訳「隋唐演義5 玄宗と楊貴妃ノ巻」 (中公文庫、2004年)

[漫画]
* 「玄宗皇帝と楊貴妃 マンガ中国の歴史〈4〉」(新版が中公文庫、2006年)ほか
* 夢枕獏文、天野喜孝画 「楊貴妃」 エンターブレイン 2006年

[映像]
* 「楊貴妃」(大映、1955年) 溝口健二監督、京マチ子主演
* 「楊貴妃」(ジェネオン・エンタテインメント5枚組、2003年, 香港)
* 「大唐芙蓉園」(邦題:楊貴妃)(ポニーキャニオン10枚組、2005年, 中国)ファン・ビンビン主演
* 「楊貴妃(仮)」(中英合作、2010年公開予定) コン・リー主演

「編集:中国情報所 情報元: ウィキペディア(ja.wikipedia.org)」

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:126 平均点:6.03
前
武則天(中国史上唯一の女帝,周初代皇帝)
カテゴリートップ
中国人物
次
西施(古代中国四大美人の一人,越国の美女)

コメント一覧


Copyright© 2009-2015 Chinfor Studio. 株式会社東京エス・ティ・エス All Rights Reserved. 利用規約. 日本語ドメイン:中国情報所.com