ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

早稲田大学発!革新的学習システム 【超速中国語】 まずは → 無料体験すぐ出来ます:

トップ  >  地域情報  >  青島市概要
青島市 山東省 竜山文化 岳石文化 青島ビール 海爾 桟橋 石老人 八大関
青島市(チンタオし、中国語:青岛市「qīngdǎoshì」)は中華人民共和国山東省に位置する副省級市。山東半島南部に位置する産業都市であり、軍港である。青島市の歴史は長く、輝かしい文化をもち、中国道教の発祥の地です。5,6千年以上も前の新石器時代、ここは東夷と呼ばれる人が住んでいた主要な地域のひとつであり、彼らは豊富多彩な竜山文化、岳石文化を残しました。
海沿いの美しい景色[Pratyeka]
海沿いの美しい景色[Pratyeka]

[気候]
ケッペンの気候区分によると、温帯夏雨気候(Cwa)に属する。青島は海に面しているため風が強く、気候は夏は涼しいが、冬は厳しい寒さである。夏の平均気温は摂氏 23.8 度(7月)で、冬の平均気温は摂氏 -0.7 度(1月)となる。梅雨はないが、7月と8月は雨が多い。中心市街地は海洋に囲まれ、南東季節風や海流の影響を直接的に受けるため、典型的な海洋性気候になっています。
青島市の位置(北緯36度5分秒 東経120度20分秒)
青島市の位置(北緯36度5分秒 東経120度20分秒)

[地理]
青島は山東半島の南海岸に小さく突き出た半島の先端に位置する。北東は煙台市、西は濰坊市、南西は日照市とそれぞれ接する。市街は比較的平坦で、すぐ側に丘が並んでいる。市域内の最高点は 1,133 メートルになる。海岸線の長さは 730.64 キロメートルに及び、長さ 50 キロメートル以上の目立った川は5つある。
[歴史]
歴史的に山東半島の港は半島北部に集中し、青島は膠州(現・膠州市)が管轄する膠澳と呼ばれる辺鄙な漁村に過ぎなかった。明代には倭寇対策の城砦が建設され駐留する軍目当ての商人が集まったこともあった。清朝になると現在の大学路付近に青島村という寒村があり、清末期には青島口という小さな港町を形成するに至った。1859年には青島口に税関分局が設けられ、1865年には煙台の東海関の分関が置かれた。1891年に国防上の観点からこの地に海軍の桟橋など軍事施設が建設され、翌年に登州の兵力が膠澳に駐留し、総兵衙門が青島村に置かれ、町の発展が始まった。
昔の青島の象徴である桟橋[Bridget Coila]
昔の青島の象徴である桟橋[Bridget Coila]

日清戦争後、三国干渉で中国に恩を売ったドイツは1897年膠州湾一帯に目をつけ、宣教師が山東で殺された事件を口実に上陸し翌1898年には膠州湾を99年間の租借地とした。膠澳にはドイツ東洋艦隊の母港となる軍港が建設された。ドイツはこの地を極東における本拠地とし、鉄道敷設権と鉱山採掘権などを通じ山東半島一帯を勢力下に置いた。青島はドイツのモデル植民地として街並みや街路樹、上下水道などが整えられ、今なお残る西洋風の町並みや青島ビールなどドイツがこの町に与えた影響は大きい。
青島駅博物館(ドイツ風)
青島駅博物館(ドイツ風)

第一次世界大戦でドイツに宣戦布告した日本は1914年膠州湾のドイツ要塞を陥落させて占領下に置き、1922年に中国に返還した。北洋政府はここを中央政府直轄の特別行政区である膠澳商埠とし、国民党政府は1929年青島特別市を成立させ、1930年青島市と改称している。1938年日中戦争が始まると、青島は再び日本軍の占領下に置かれた。第二次世界大戦後には青島は米国西太平洋艦隊の司令部所在地となったこともある。しかし1949年6月2日中国人民解放軍が青島に入城し、中国共産党政権の支配下に置かれた。1984年の鄧小平時代に対外開放され、近代的な港湾都市として発展している。
[経済]
青島で最も有名なのは1903年にドイツ人が開業した青島ビール製造所だろう。中国は2004年時点で世界のビール生産の18.7%を占める世界最大のビール生産国である。青島ビールは中国で最も有名なビールであり、世界的に知られている。1984年に青島が特別経済技術開発区に指定されて以来、外国からの投資が集中し、近代建設が急ピッチで進展した。
海爾集団ビル
海爾集団ビル

とくに中韓国交樹立以来、韓国からの投資はめざましく、青島に対する韓国の投資は2005年まで86億米ドル(同時期の日本からの投資は23億米ドルであった)。韓国仁川とはフェリーで結ばれ、青島在留韓国人は10万人に達する。
また近年中国最大の家電メーカーとなったハイアール(海爾集団)も青島を本拠とする。
[交通]
空港:青島流亭国際空港、市内から北へ約32kmに位置する。国際線は、日本(東京、大阪 / 関西、福岡、名古屋 / 中部国際空港)、韓国(ソウル、プサン、大邱)の7都市に就航。
鉄道:青島駅、膠済線の終着駅。膠済高速鉄道線(済南駅 - 青島駅)の建設工事も着工され、終着駅となる予定。
国際フェリー:日本山口県下関市(オリエントフェリー、週3回往復)、大韓民国仁川広域市(威東航運、週3回往復)
青島東城区象徴-五月の風
青島東城区象徴-五月の風

フェリー:黄島開発区行き(黄島フェリー、青島フェリーの2社)
市内交通:バス,トロリーバス。青島市内は鉄道網が発達していないので、市民の足は青島市交通局の提供する市バス網が中心である。
[観光]
海沿いの美しい景色と、オレンジ色の瓦屋根で統一された建物などの景観で、近年、観光都市としての側面も知られてきている。ドイツ風の町並みが残る旧市街など、異国情緒も漂う、国家歴史文化名城に指定された都市である。
基督教会:1910年建造。ドイツの古城を思わせる様式。
江蘇路キリスト教会堂
江蘇路キリスト教会堂

青島迎賓館:1905年ドイツ総督官邸として建造。
八大関:1930年代に外国官僚、資本家用の別荘地として開発され、現在でも当時の洋館が残っている。2010年 第1回「中国歴史文化名街」の1つに選定される。
天主教会:1934年建造のゴシック様式の教会。
桟橋:青島ビールのロゴにも使用されている、八角二層の監視台(1891年建造)のある青島の象徴である桟橋。
青島ビール博物館:青島ビールの創業地工場に設立された博物館。1903年建造。
ビール通り:ビール博物館前の通りの通称で、夜間は多くの店が屋外で営業しにぎわっている。
嶗山:青島郊外にある景勝地。秦の始皇帝、前漢の武帝、斉の景公などともゆかりが深い、道教の聖地とされている。奇岩、巨岩、洞窟が点在する土地で、ここで採取される水も有名である。
石老人国家観光レジャー区:
姿もまちまちなレジャー別荘群、美しい水と浜辺をもつ海水浴場、海浜彫塑園、極地海洋世界、イルカショー館、国際ビール城、ゴルフ場、ヨット・セーリングクラブ、国際会議展示センター、文化博覧センター、世紀広場、体育センターなど、たくさんの現代文化・スポーツ施設や現在建築中の青島現代芸術センターなどのプロジェクトが、石老人国家観光レジャー地区を観光・レジャー・祭典・スポーツが一体となった総合的レジャー区としています。
その他観光:青島テレビ塔、青島極地海洋世界、康有為旧宅、天后宮、五四広場、青島オリンピックヨットセンター、青島桜花祭、青島国際ビール祭

青島市旅行写真はこちら:中国旅行写真館-青島市旅行写真

「編集:中国情報所 情報元: ウィキペディア(ja.wikipedia.org)」

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:81 平均点:5.19
前
蘇州市概要
カテゴリートップ
地域情報
次
無錫市概要

コメント一覧


Copyright© 2009-2015 Chinfor Studio. 株式会社東京エス・ティ・エス All Rights Reserved. 利用規約. 日本語ドメイン:中国情報所.com