ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

早稲田大学発!革新的学習システム 【超速中国語】 まずは → 無料体験すぐ出来ます:

トップ  >  中国人物  >  始皇帝(初めて中国を統一した皇帝)
始皇帝 秦始皇 呂不韋 万里の長城 蒙恬 阿房宮 兵馬俑 焚書坑儒
始皇帝(しこうてい)は秦朝の皇帝。姓は嬴(えい)、氏は趙(ちょう)、諱は政(せい)。現代中国語では、始皇帝(シーホワンディー、Shǐ Huángdì)または秦始皇(チンシーホワン、Qín Shǐ Huáng)と称される。元来は秦王として紀元前246年に即位した。前221年には史上初めて中国を統一し、中国史上はじめて皇帝を称した。
初代皇帝(始皇帝)
初代皇帝(始皇帝)

[出生]
父・子楚(後の荘襄王)は趙国の人質となっていたが、大商人呂不韋の支援を得て帰国、秦王に即位した。子楚は呂不韋から愛人を譲り受けたが、この愛人との間に生まれたのが政である。
しかしその愛人は子楚の元にやってきた際には既に懐妊していたと言われ、これに従えば始皇帝の父親は子楚ではなく呂不韋となる。この風聞は当時広範囲に流布していたと考えられ、『史記』でも呂不韋列伝に史実として記載されているが、秦始皇本紀には記載されていない。司馬遷は両論併記を採用したともいえる。『史記』秦始皇本紀所収の班固の上書部では「呂政」と表記されており、始皇帝と秦王室の血縁関係を否定しているが、これは漢朝が秦朝の正統性を否定する意味合いが強い。
また同時代の春申君にも同様の故事が存在することから、史実でないとする歴史家もいる。また子楚が後見人である呂不韋の愛人と通じて懐妊させたために、呂不韋が已む無く愛人を子楚に差し出したと考える歴史家もいる。
呂不韋を始皇帝の実父とする風聞が広く流布した背景には、始皇帝に悪意を持つ六国の遺民によって、始皇帝に不利な風聞が広められたことも要因として挙げられる。
政の容貌や性格について、史記には「鼻が高く、目は切れ長で、声は豺狼(ヤマイヌ)の如く、恩愛の情に欠け、虎狼のように残忍な心の持ち主」と記載されている。
[即位]
子楚が帰国した後、孝文王が薨去した。これによって子楚は荘襄王として即位し、呂不韋は丞相として政権を掌握した。前246年、荘襄王が薨去すると、13歳であった政が秦王に即位する。即位当初は呂不韋が実権を掌握していたが、政は弟である成蟜の謀反と実母の愛人である嫪毐による反乱を鎮圧した後、前238年には呂不韋を中央から遠ざけて親政を始めた。
政は韓の公子韓非が記述した「韓非子」に感動し韓非の思想を取り入れようとした。だが、呂不韋の食客で韓非の同門である李斯が韓非を自殺に追い込んだため李斯を重臣として採用した。李斯主導の下に法家思想を政治に採用し、君主独裁、郡県制、厳罰主義を推進し、強力な独裁体制を築いた。また秦軍の少数精鋭化も断行した。外征面では将帥に王翦、王賁親子や李信などを起用し、韓・趙・魏を次々に滅ぼした。
政の暗殺(秦王(左)に襲い掛かる荊軻(右)。画面中央上には秦舞陽、中央下には箱に入った樊於期の首が見える。)
政の暗殺(秦王(左)に襲い掛かる荊軻(右)。画面中央上には秦舞陽、中央下には箱に入った樊於期の首が見える。)

前227年、燕の太子丹は隣国の趙が秦に滅ぼされたことで危機感を抱き、政の暗殺を計画して荊軻を刺客として送りこんだ。荊軻は、秦軍の改革に反対して家族を処刑され、秦から亡命していた将軍樊於期の首を持参して使者として秦王政に拝謁。巻物の中に隠した匕首で政を襲撃した。殿上に武器を持って上がることは秦の法で禁じられていたため、衛兵や家臣たちは荊軻を阻止できずにいた。政は長剣を帯びていたがうまく鞘から抜くことが出来ず、生命の危機に直面したが、侍医の機転によって長剣を抜き、荊軻を斬殺した。この暗殺計画に憤慨した政は王賁に命じて燕を攻撃し、翌年に滅亡させている。
前225年、秦は最大の敵国である楚を攻撃するが失敗、楚軍は逆に秦へ侵攻してきた。これに対して政は既に引退していた王翦を将軍として全権を委ねた。王翦は楚軍を撃退してそのまま楚に攻め込み、項燕(項羽の祖父)率いる楚軍を壊滅させて楚を滅亡させた。
前221年、秦は戦国六国の中で最後に残った斉を滅ぼし、中国統一を達成した。
[統一]
戦国時代には、七国の君主すべてが王を名乗っていた(ただし一時期、秦王が西帝、斉王が東帝と称したことはあった)。統一事業を達成した後に旧来の称号は相応しくないと考えた政は、家臣たちに対し新しい称号の考案を命じた。
家臣たちはは古の天皇(てんこう)、地皇(ちこう)、泰皇(たいこう)の三皇の中で最も尊敬を集めた泰皇の使用を上奏したが、既存の称号に満足しない政は泰皇の「皇」と太古の「帝」号を複合した皇帝の称号を使用することを宣言した。また同時に王命を制、王令を詔、天子の自称として朕(後に真人に改めた。始皇帝死後は再び朕が使用された)の使用を定めた。さらに諡号制度は子や臣下が先君を批評することになり、不敬であるとの理由で廃止し、以後は自分を始皇帝とし、後は二世皇帝、三世皇帝...万世皇帝と呼称することを定めた。
広大な領土の統治には、始皇帝の子を封建して統治することが臣下より提案されたが、李斯は周朝が封建した諸侯により滅亡した史実を挙げてこれに反対、郡県制を施行すべきと進言した。郡県制を採用した始皇帝は全国を36郡(後に48郡)に分割し、それぞれに守(行政担当)・尉(軍事担当)・監(監察担当)を設置し、郡の下部に県を設置して統治した。また亭と称される交番を制度化して街道の10里ごとに設置、人夫徴発や治安維持、官吏用宿泊施設として活用した。また都城・咸陽には全国の富豪12万戸を強制移住させた。さらに滅ぼした六国の王宮に模した建物を咸陽に建てた。
始皇帝は、民間の武器所持を禁止して没収し、中国統一の象徴として巨大な像を作った。さらに度量衡(度=長さ、量=体積、衡=重さの単位)、貨幣、車の幅を統一(「軌を一にする」の故事)した。また漢字はそれまで地方ごとに異なる字体が使用されていたが、これを改め、秦の字体を標準字体として採用した。
ここに、後世の中国統一王朝の範となる、精密で合理的な支配体制を有する中央集権国家が誕生した。
万里の長城(写真のレンガの長城は明代のもので、始皇帝時代のものは版築土塁でできていた。また位置も明代よりも北方にあった。)[写真:Saad Akhtar]
万里の長城(写真のレンガの長城は明代のもので、始皇帝時代のものは版築土塁でできていた。また位置も明代よりも北方にあった。)[写真:Saad Akhtar]

[皇帝として]
前214年、北方の匈奴による進入を防ぐために万里の長城を修復し、将軍蒙恬に命じて30万の軍勢で匈奴を討伐させ、オルドス地方に版図を広げ、さらに箕子朝鮮を服属させた。また罪人を兵として徴兵し、南の嶺南(ベトナム北部)を征服して郡を設置した。その際に揚子江の支流・湘江と、広東地方の西江へと流れる漓江を結ぶ運河霊渠を築いた。
紀元前213年、李斯の進言により周朝の再興を願い秦朝を批判する儒者を牽制するため、医書や農書などの実用書を除く書籍の焼却処分を実施している(焚書)。翌年には不老不死の仙薬作りを命じられていた侯生と盧生が、仙薬が完成できないことを恐れて逃亡、これに怒った始皇帝は咸陽の学者たちを拘束し、460人を穴埋めにした(坑儒)。始皇帝の長子であった扶蘇が始皇帝のこうした施政に諫言したが、逆に始皇帝の怒りを買い、扶蘇は蒙恬の下へと送られて北方防衛に当たることとなった。
始皇帝は5回に及ぶ大規模な巡幸を行い、同時に全国の交通網整備(古代道路)が推進され、中国国内の長城を破壊した。この巡幸は項羽と劉邦も見物しており、項羽は「いずれはやつに替わって天下を奪い取る」と述べ、劉邦は「男に生まれたからにはああなりたいものだ」と述べたと伝えられている。
前219年の2度目の巡幸では泰山での封禅の儀式が行われている。この儀式の詳細を古例に詳しい儒家に尋ねたが、古代の儀式であったため儒家の回答も一定でなく、結局始皇帝は儒家の発言を無視して儀式を行い、記念に泰山刻石を設置した。
前218年の3度目の巡幸では博浪沙(はくろうさ)を通過した際に、大きな鉄鎚が始皇帝の車めがけて投げつけられた。張良による始皇帝暗殺計画であったが、鉄鎚は副車に当たり暗殺は失敗に終わった。始皇帝は犯人捜索を命じたが、張良は逃げのびている。
始皇帝の銅像
始皇帝の銅像

[晩年]
始皇帝は幼少より虚弱な体質であったため、中国統一の頃から不老不死を求めて方士を重用するようになった。前出の侯生と盧生も方士出身であるが、特に徐福の事績は有名である。2度目の巡幸で始皇帝は斉に滞在し、徐福に対して東方にあるという蓬莱国へに向い、仙人を連れてくるようにと命じた。この蓬莱は日本の事を指していると言われ、日本各地には徐福の最期の地といわれる場所が複数ある(徐福伝説)。
徐福を初めとして方士たちは不老不死には懐疑的であったと思われ、いかがわしい方士によって国庫から金銭が詐取される事態になっていた。また始皇帝は方士以外にも宦官である趙高を重用し、自らは咸陽周辺の数百の宮殿を復道や甬道で連絡してそこを行き来し、自ら朝廷に赴くことも少なくなり、趙高らを通して朝政を執るようになっていった。
蒙恬による匈奴遠征も、この時期に方士が持参した預言書に「秦を滅ぼすものは胡なり」と記載されていたことから胡族(異民族)討伐の動機になったとも言われる(後に、この“胡”とは異民族の事ではなく、二世皇帝の胡亥の事だと言われた)。
始皇帝は方士による仙薬(水銀という説がある)で健康を害するようになった。前210年の5度目の巡幸では、みずから海へ出て大魚を射殺したが、その直後に発病し、咸陽へ帰還できないまま巡幸の途中で崩御した。趙高によって崩御は咸陽に帰還するまで秘匿されることとなり、始皇帝の遺体の死臭を隠すため、趙高は始皇帝の車の後ろに魚の干物を乗せた車を用意させ、始皇帝崩御を隠し通した。
始皇帝は長子の扶蘇を後継者とする遺詔を趙高に托していたが、扶蘇が皇帝に即位することで自らの権勢が危うくなることを恐れた趙高は、李斯と結託して胡亥を後継者とする遺詔を捏造した。始皇帝崩御の翌年には陳勝・呉広の乱が発生し、秦は一気に滅亡へと突き進んでいく。
始皇帝の子孫は、二世皇帝の胡亥の権力を脅かすとして趙高らに罪を着せられてほとんどが処刑され、また、胡亥の死後に三世皇帝に即位した子嬰も、秦を滅亡させた項羽によって処刑された。
[始皇帝の大土木事業]
始皇帝は外征とともに大土木事業を数多く実施し、その負担は民衆の生活を圧迫した。これは後世から暴君と呼ばれる理由の一つとなっている。しかし万里の長城建設のように、必要性の高い事業も多く実施している。漢代になると匈奴には冒頓単于が登場して強勢となり、漢軍を打ち破っている。匈奴の勢力拡大を牽制させるために長城を建設し、蒙恬による匈奴遠征を実施した始皇帝は先見の明があったとも言える。
また、韓の鄭国は秦を疲弊させるために大規模な灌漑事業を行わせた。鄭国の目論みは発覚するものの、秦には鄭国のような技術者がいなかったために始皇帝は鄭国を処刑せずに事業を継続し成功させ、今まで荒野だった土地を豊かにさせる結果となり、現代まで引き継がれている。
現西安市発見された兵馬俑[写真:Nataraja]
現西安市発見された兵馬俑[写真:Nataraja]

しかし咸陽の大拡張工事、美女を三千人集めたという阿房宮(「阿呆」の語源と言われる)、1974年に発見された兵馬俑を初めとする大規模な始皇帝陵造営などは大きな財政負担となり、その工事に民衆を強制的に徴用したことから陳勝・呉広の乱が発生した。従って、大土木工事は秦帝国崩壊の直接的な原因であると言える。
[歴史的評価]
始皇帝に先見性があり有能な皇帝であったことは広く認められている。始皇帝が人材を好んでいたことを示す話として韓非や尉繚子らに対してのものがある。秦が崩壊した原因の一端は始皇帝にあるが、その一方でもし始皇帝がこの時代にいなければ、中国の統一は実現されず、分裂したまま歴史が進んだのではないかとも推測できる。
儒教を重視する立場からは、焚書坑儒を行った始皇帝は暴君と位置づけられていた。しかし近年は始皇帝は既存の封建体制を法治思想による新たな国家体制へ変革させたとして評価する意見もある。漢が前漢・後漢を合わせて約400年続いたのは、秦の政治的な成果を民衆の反発を受けることなく継承したことが大きい。
一方で、文化や背景の異なる六国を統一した後、急激な中央集権化、厳格な法治主義、統一直後からの大規模工事を行い、征服された国ばかりか自国の民衆の反感を買ったことは事実である。後世、詩人の李白は『国風』四十八で、統一を称えながらも始皇帝の行いを批判している。
なお、中華人民共和国で文化大革命が発生すると、林彪の失脚を受けての批林批孔運動が高まり、始皇帝の焚書坑儒は階級闘争であると規定して讃美する論文が続出した。魯迅は始皇帝の焚書坑儒をナチスの焚書とは明白に区別しており、肯定的な評価を与えている。
中国のドラマ《始皇帝》(2002年 監督:閻建鋼)
中国のドラマ《始皇帝》(2002年 監督:閻建鋼)

[始皇帝に関する書籍、作品]
『史記』「秦始皇本紀」
映画:日本の《秦・始皇帝》(1962年大映 監督:田中重雄) 、中国の《始皇帝暗殺》(1998年 監督:陳凱歌) 、《HERO-英雄》(2003年 監督:張芸謀)
ドラマ:《始皇帝》(2002年 監督:閻建鋼)
オペラ:譚盾「始皇帝(The First Empror)」(2006)
漫画:
『史記』(横山光輝作の漫画。司馬遷の史記を漫画化。)
『東周英雄伝』(鄭問作の漫画。春秋時代の人物を描いた短編集。)
『始皇』(鄭問作の漫画。始皇帝を主人公とした作品。)
『キングダム』(原泰久作の漫画。始皇帝時代の武将・李信を主人公とした作品。集英社・週刊ヤングジャンプに連載中)
ゲーム:
『史記英雄伝』(主人公の妹の息子「セイ」として登場。最終的には始皇帝として国を統一し、最後の敵として立ちはだかる)

「編集:中国情報所 情報元: ウィキペディア(ja.wikipedia.org)」

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:70 平均点:5.86
前
黄帝(中国を統治した最初の帝)
カテゴリートップ
中国人物
次
孔子(儒家の始祖,中国の思想家)

コメント一覧


Copyright© 2009-2015 Chinfor Studio. 株式会社東京エス・ティ・エス All Rights Reserved. 利用規約. 日本語ドメイン:中国情報所.com