ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

早稲田大学発!革新的学習システム 【超速中国語】 まずは → 無料体験すぐ出来ます:

トップ  >  中華料理  >  宮保鶏丁
宮保鶏丁 四川料理 宮爆鶏丁 ピーナッツ カシューナッツ キュウリ 鷹の爪
宮保鶏丁(ゴンバオジーディン)は、鶏肉とピーナッツを唐辛子とともに炒めた四川料理である。
別名宮爆鶏丁ともいわれる(発音は同じ)。宮保および宮爆の意味ははっきりしていないが、宮保は丁宮保なる人物が好んだことにちなむとされる。一方「爆」の字は中国料理においては「炒」よりもはるかに強い火力で短時間に加熱する料理法を指す。
「丁」は中国語で「さいの目に切った」と言う意味である。さいの目に切った鶏肉、キュウリにピーナッツ、鷹の爪を加え炒める。
宮保鶏丁(四川料理)[写真:Steven G. Johnson]
宮保鶏丁(四川料理)[写真:Steven G. Johnson]

宮保鶏丁は四川料理の中でもっともポピュラーな料理の一つである。そのため中国のレストランでは四川料理を扱っていなくてもメニューに載っていることが多い。多くのレストランではピーナッツを使うが、高級レストランではピーナッツの替わりにカシューナッツを使うこともある。
中国初の有人宇宙飛行を行った神舟5号には、宇宙食として八宝菜や緑茶のほかに宮保鶏丁が用意されていた。

[材料]
材料4人分:鶏モモ肉(280g 鶏胸肉でも可)、ピーナッツ(50g もしくはカシューナッツ)、鷹の爪(4本)、ピーマン(1個)、白葱(1/2本)、にんにく(1/2片)、しょうが(3~4枚)、花椒(小匙2 本番の味出るぞ)、サラダ油適量、胡麻油適量。
鶏肉下味用調味料:塩(少々)、こしょう(少々)、醤油(小匙2)、料理酒(小匙2 紹興酒が一番いい)、溶き卵(1/4個分)、片栗粉(大匙1.5)。
仕上げ用調味料:醤油(大匙1)、料理酒(小匙2)、砂糖(小匙1)、酢(小匙2)、中華スープ(小匙2 水でも可)、胡椒(少々)、水溶き片栗粉(小匙1)。
[作り方]
1.鶏肉を1.5㎝角に切り,あとは肉をボウルに入れて、塩、胡椒、醤油、日本酒、溶き卵を入れ、つかむ様によく揉み込んでから片栗粉をまぶし全体に良く絡める。
2.次は鷹の爪を2cm切り、種を捨ててください、ピーマンは一口サイズにして、白葱は1.5㎝の輪切りにする。にんにくはみじん、しょうがは薄切りにして1㎝角程度に切りそろえる。あと仕上げ用調味料は、あらかじめお椀に合わせておく。
3.強火で鍋を温めてからサラダ油を入れて、120度くらいになったら、花椒、鷹の爪を入れる、色がブランになったら、鶏肉を入れて炒める。
4.鶏肉の表面が全体的に白くなったら、中火に切り替えて、生姜、にんにく、ねぎ順に入れる、香りが出てきてから、仕上げ調味料を入れる。
5.ピーマン、カシューナッツの順でいれて数回鍋を振ってよくからめる。最後に火を止めてから胡麻油適量をいれ、よく混ぜて出来上がりです。

「編集:中国情報所 情報元: ウィキペディア(ja.wikipedia.org)」

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:116 平均点:5.60
前
棒棒鶏
カテゴリートップ
中華料理
次
フカヒレ

コメント一覧


Copyright© 2009-2015 Chinfor Studio. 株式会社東京エス・ティ・エス All Rights Reserved. 利用規約. 日本語ドメイン:中国情報所.com