ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

早稲田大学発!革新的学習システム 【超速中国語】 まずは → 無料体験すぐ出来ます:

トップ  >  基本情報  >  中国の気候
気候 降水 黄砂 気温 気候変動
中国は世界最大の大陸――アジア大陸の東部に位置し、世界最大の海洋――太平洋に臨んでいるため、モンスーン気候が顕著である。さらに国土が広く、地形が複雑で、標高差が大きいため、さまざまな気候類型があり、北の黒竜江省北部の寒温帯から南へ、中温帯、暖温帯、亜熱帯、熱帯、赤道帯の6つの気候帯があり、南北極に近いツンドラ帯と永久ツンドラ帯を除くその他の気候帯が中国にみなそろっている(青海・チベット高原は垂直型温度帯に属している)。そのなかで温帯、暖温帯、亜熱帯が中国国土の大部分を占め、気候が温和で、四季がはっきりしており、人類の居住に適している。
[気温]
中国最北部の黒竜江省漠河地区は、北緯53度以北に位置し、寒温帯気候に属するが、最南端の海南省曾母暗沙は、赤道までの距離がわずか400キロで、赤道気候に属しており、南北各地の気温差が非常に大きい。
冬になると、東北地方は雪と氷に閉ざされ、漠河の1月の平均気温はマイナス30度前後である。しかし、海南島三亜の平均気温は20度を超える。冬の気温の特徴は、大部分の地区が寒冷で、南北の温度差が大きいことである。
夏になると、太陽が北半球に直射するため、北部でも昼の時間が比較的長く、光熱量は南部と大差ない。そのため、標高の特に高い青海・チベット高原を除き、全国の気温が高く、南北の気温差が小さい。
[降水]
降水量図表
降水量図表

国土が広いことから、降水量の地域差が非常に大きい。全国の年間平均降水量は629ミリ、年間降水総量は6兆立方メートル以上であるが、夏の季節風による影響の受け方が違うことから各地の降水量の分布が不均等で、東南部から西北部に向かうにつれて降水量が少なくなる。南部は季節風の影響が大きくて降水量が多く、特に東南沿海地区の年間平均降水量は1000ミリ以上に達する。台湾の東北角の火焼寮では年間降水量8408ミリの全国最高記録を出したことがある。ユーラシア大陸の中央部にある中国の西北部は夏の季節風の影響が小さいため、降水量が少なく、一部の高山を除き、一般に年間平均降水量は200ミリ以下で、砂漠、半砂漠地帯が多い。新疆のタリム盆地のローチャンは年間平均降水量が10ミリ以下で、中国で最も乾燥した地である。
大部分の地区は海洋性暖湿気流の影響を受けて、降水が比較的多いが、地域と季節によって異なる。東部は多く、西部は少なく、南東部から北西部に向かって次第に減少している。降水は夏季に集中しており、南部の雨季が長く、5月から10月に集中して降り、北部の雨季が短く、7、8の2カ月に集中して降る。降水量は、多い年と少ない年があり、年による変化が非常に大きい。
東亜細亜季節風が中国の気候にもたらす影響が大きく、夏は東南の風が盛んに吹き、大量の雨をもたらし、暑さが厳しく、気温は世界の同緯度の他の国より低い。夏は気温が全般的に高くなるため、中国の広大な南部は稲、綿花を栽培することができ、しかも雨と暑さが同時に現れるので、農作物の水と熱の需要を十分に満たすことができる。
[日照]
ほとんどの地区は北回帰線以北に位置しており、冬は太陽の照射角度が小さいため日照時間が短く、太陽の光熱も比較的少なく、北になるほど少なくなる。夏は太陽が北半球に直射するため、太陽の光熱が多くなり、日照時間も長くなる。
[黄砂現象]
北京・天津付近を襲う濃い黄砂、2008年3月1日(PD NASA)
北京・天津付近を襲う濃い黄砂、2008年3月1日(PD NASA)

黄砂(こうさ、おうさ)とは、特に中国を中心とした東アジア内陸部の砂漠または乾燥地域の砂塵が、強風を伴う砂嵐(砂塵嵐)などによって上空に巻き上げられ、春を中心に東アジアなどの広範囲に飛来し、地上に降り注ぐ気象現象。あるいは、この現象を起こす砂自体のことである。
また、さらに強い風によって、中国語で沙塵暴(簡体字で「沙尘暴」、読みは「シャチェンバオ」)と呼ばれるような激しい砂塵嵐になる場合がある。沙塵暴の条件として、ゴビで10m/s、タクラマカン・黄土高原で6m/sという研究結果がある。沙塵暴によって砂が巻き上げられる高さは、最大で上空7 - 8kmという観測結果があるが、観測装置が故障することがあるためこれが正確な値かは不明である。
砂塵嵐(沙塵暴)は時に猛烈に発達することがあり、中国の気象当局は、瞬間風速25m/s以上で視程が50m以下の砂塵嵐を「黒風暴」(カラブラン, Kara Bran)または「黒風」と規定しており、俗に「黒い嵐」などと呼ばれている。黒風暴は、寒冷前線の通過時などで大気が不安定になったときに、ダウンバーストやガストフロントなどの局地的な突風をきっかけに発生する。水平方向の大きさは数百mから数百kmに及び、大きな渦を巻きながら移動し、これが押し寄せてくると、高さ数百mの「砂の壁」が迫ってくるように見える。「砂の壁」の中に入ると、急激に周りを飛ぶ砂の量が増え、(昼間であれば)次第に周囲が黄み・赤みを増しながら暗くなり、風も強まってくる。数十分ほど屋外は真っ暗となり、歩くことさえままならない状態となる一方、屋内に避難していても砂の進入によって日常生活が難しいほどになる。黒風暴の発生はごく稀ではあるが、最近では1993年5月5日に発生して甚大な被害を出した。
[気候変動対応]
中国が気候変動対応の分野において直面する大きな挑戦はその基本的国情によるものだといえる。
中国の気候条件が複雑で、生態環境が脆弱で、気候変動に適応することが非常に難しい。主として大陸性モンスーン気候に属し、大部分の地域では季節変化に伴う気温差が同緯度の他の陸地地域より相対的に大きく、多くの地域では冬は寒く夏は暑く、また夏になると全国的な高温となる。降水量の時間的、空間的な分布が不均衡で、主に河川の増水期に集中し、年間降水量が東南沿海部から西北内陸部に向って逓減している。生態環境はかなり脆弱で、水土流失と砂漠化は深刻な問題となり、森林カバー率は18.21%で、世界平均レベルの62%にしか相当しない。自然湿地面積は相対的に少なく、草地はほとんど高原寒冷草原と砂漠草原であり、北方温帯の草地は干ばつ、生態環境悪化などの影響を受けて、退化と砂漠化の危機に瀕している。中国大陸部の海岸線は1万8000キロ以上に及び、海水面の上昇によるマイナス影響を受けやすい。
[気候温暖化]
中国の気候温暖化の趨勢は世界全体の趨勢とほぼ一致している。中国気象局の最新の観測結果が示しているように、中国は約百年(1908~2007年)間に平均地表気温が1.1度上昇し、1986年以来21回の暖冬を経験し、2007年は1951年に系統的な気象観測を開始して以来最も暖かい一年となった。約50年来、中国の降水分布に明らかな変化が起こり、西部地域と華南地域の降水量は増えたが、華北地域と大部分の東北地域の降水量は減少しつつある。高温、干ばつ、豪雨など極端な気候による事件発生頻度が高くなり、その強度も増大する傾向にある。夏の熱波の回数も増え、局部的には特に華北地域の干ばつが深刻化し、南方地域の豪雨が増加し、西部地域の雪害の発生確率が高まっている。約30年来、中国沿海部の海面温度は0.9℃上がり、海水面は90ミリ上昇している。

「編集:中国情報所 情報元: ウィキペディア(ja.wikipedia.org)」

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:107 平均点:4.95
前
中国の地理
カテゴリートップ
基本情報
次
中国の歴史

コメント一覧


Copyright© 2009-2015 Chinfor Studio. 株式会社東京エス・ティ・エス All Rights Reserved. 利用規約. 日本語ドメイン:中国情報所.com