ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

早稲田大学発!革新的学習システム 【超速中国語】 まずは → 無料体験すぐ出来ます:

トップ  >  基本情報  >  中国の国章
中国 国章 林徽因 菊花紋章
中華人民共和国の国章(ちゅうかじんみんきょうわこくのこくしょう)は、中華人民共和国の主権のシンボルである。この図案は1950年6月23日に中国の政治協商会議が国章に通して制定した。国章の中間は5つの星が照らすもとの金色の天安門で、城楼の上方の4粒の小さい五角の星形は半分弧の形で1粒の大きい五角の星形をめぐって、国章の周りはムギ穂と歯車をあらわしている。歯車とムギ穂は中国のプロレタリアートと農民階級を象徴し、天安門は中国人民の闘争の精神を象徴して、5個の星は中国共産党が指導するもとの全国の人民の固い団結を象徴している。
林徽因(りん きいん)は中華人民共和国の国章を設計した一人であると共に、中国の古建築を調査・整理し、中国建築史の祖とも称される。
林徽因
林徽因

国章とは、国家を象徴する徽章をいう。一般に国旗よりもデザインが複雑な為、その国の風土、歴史、文化などが象徴的に表現され、その国を理解する上で国旗よりも多くの情報を読み取ることが出来る(狭義の国章)。なお、日本語では、広義には国旗を含めたものを国章と呼称することもある。
日本では、法令上明確な国章は定められていない。その為、慣例的に天皇家の家紋であり、天皇の紋である十六弁八重表菊紋(菊花紋章)が、国章に準じた扱いを受けている。また、首相・政府(内閣)・皇室の慣例的な紋章である五七桐花紋(ごしちのきりかもん)と呼ばれる桐紋も、国章に準じた扱いを受ける。なお、日本の旅券(パスポート)の表紙に用いられる「十六弁一重表菊紋」は、菊花紋章に似ているが、八重と一重の違いがある。
日本の菊花紋章
日本の菊花紋章

国章がない国としては日本以外にフランスがある(百合、鶏や、マリアンヌなどが国章の代わりに使用されている)。また、海外の各州には、簡単に言えば、州でいう国章ともいえる州章などが存在する。

「編集:中国情報所 情報元: ウィキペディア(ja.wikipedia.org)」

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:139 平均点:4.53
前
中国の国旗
カテゴリートップ
基本情報
次
中国の国花

コメント一覧


Copyright© 2009-2015 Chinfor Studio. 株式会社東京エス・ティ・エス All Rights Reserved. 利用規約. 日本語ドメイン:中国情報所.com